引っ越し作業は計画的に行なうようにしよう

笑顔で引っ越しを完了させよう!オススメ記事はコチラから

ウーマン

夜間の引っ越し依頼をする

昼間よりも夜間に引っ越しをする方が費用を安く抑えることができます。夜間に引っ越しをする人は、すぐに引っ越し依頼をしたいという人も多いです。そんなときは急な引っ越しにも対応してくれる業者が便利です。

READ MORE
ダンボール

引っ越しの交渉をしよう

提示されている金額よりももっと安く引っ越し作業をしてもらいたいときは交渉をするのが不可欠です。交渉次第では提示金額よりも格安になることもあります。交渉成功のためには工夫をしておきましょう。

READ MORE
電卓

引っ越し業者のサービス

引っ越し作業に使われるトラックはそれぞれ異なるので、大きいトラックなら一回の荷物移動ですぐに作業を完了することができるでしょう。作業方法はコチラで希望を伝えることもできます。またそのときにオプションも追加していきましょう。

READ MORE

スムーズに作業を完了

荷物と男性

どのくらいの費用がかかるのかを調べる

引っ越しを全て1人で行なうのはとても大変なことです。1人でも時間をかければ不可能なことではないですが、効率よく引っ越し作業を終わらせるなら引っ越し業者に依頼をするのが良いでしょう。事前に見積もりをしていれば作業にどのくらいの費用がかかるのかを知ることができます。

一社だけなく複数の業者と比較をする

引っ越しの荷物の量や移動距離によっては費用が高くなりがちですが、少しでも引っ越し費用を抑えたいなら複数の業者に見積もりを取ってもらいましょう。一社だけならその会社にかかる費用しか知ることができませんが、複数の業者に依頼をすればその中から安い金額を提示している会社を見つけられます。

インターネットの専門サイトから簡単に調べられる

引っ越し業者は誰もが知る大手の企業から小規模な企業までたくさんあります。インターネットにはそれらの企業からまとめて見積もりを調べることができる専用サイトが存在します。ネットにアクセスできれば自宅からでも手軽に見積もりを知ることができるのでとても便利でしょう。

見積もり金額を調べて相場が分かる

複数の企業が提示する見積もり額を見ることで、引っ越し費用にかかるおおよその相場を知ることができます。平均相場を把握しておけばこれから引っ越しをする際にどのくらいの費用がかかるのかを計算しておくことができるでしょう。

見積もり後にはネット予約も可能

インターネットから見積もりをした後、そのままネットで引っ越し依頼の予約をすることも可能です。すぐにでも引っ越しをしたい人はそのときに予約をしておきましょう。まだ引っ越し作業を焦らないので良ければ少し検討の時間を設けておくことも大切です。

引っ越しを決めたら早めに行動するのが肝心

4月になると新しい生活を送るために引っ越しを行なう人が多いです。その時期は引越し業者も忙しくなるため日によっては引っ越し作業の予約が取れない可能性もあります。そのため引っ越しを決めたら即行動に移すようにしましょう。

引っ越しに関する疑問点はココで解決!

引っ越しをしたいのですが、見積もりはいつまでに依頼すれば良いですか?

時期によってはすぐに引っ越しの作業をすることができない可能性があります。依頼をする前の見積もりは余裕のあるときに行なってください。一ヶ月前に見積もりををしてそこから引っ越しの依頼をすると手続きがスムーズに進みます。

大きい荷物も全て任せることはできますか?

荷物の量によって作業員の数を増やすことができます。大きい荷物が多いのであればその旨をお伝えください。荷物の量や大きさに応じて作業に最適な人数で自宅に伺います。また人数が増えることにより引っ越しにかかる金額も変動するので注意してください。

引っ越しにかかる料金はいつ支払うべきでしょうか?

業者によって異なりますが、作業前や作業後のどちらかに金額を支払います。見積もり後、確定金額をお客様にお伝えしてそれから検討をしてもらうので、もしご納得いただけない場合はキャンセルをすることも可能です。

いつ頃引っ越しの準備を始めていくのが良いでしょうか?

日頃仕事で忙しくてなかなか時間が取れないというなら引っ越しをする1ヶ月以上前から準備をしておくようにしましょう。1人暮らしなら1ヶ月前が適していますが、家族で引っ越しをするときは2ヶ月ほど余裕のある期間を設けておくと良いです。

引っ越し費用を安くする方法はありますか?

荷物の整理をせず全ての荷物を引っ越しで移動させるなら当然その分の費用がかかります。ですが、事前に不用品があれば処分をしておくことで荷物を減らすことができるでしょう。荷物が減ることで引っ越しにかかる費用負担を抑えることができます。

引っ越しをするための必要な準備ベスト5

no.1

新居を見つける

引っ越しをするなら一番はじめに探さないといけないのが新居です。地域ごとでもたくさんの住まいがあるので、その中から希望の住まいを探すのには時間がかかるためゆとりを持つようにしましょう。もし新居が決まったら入居予定日も決めておくことが大切です。

no.2

引越し業者を選ぶ

特に荷物が多くないというなら自分でも引っ越し作業を行なえますが、効率よく作業をしたいなら引越し業者を活用しましょう。引越し業者を選ぶ際には事前に見積もりをしておくことが大切です。引っ越しにかかる料金は業者によっても差があるので、他社と比較をすれば安い業者を見つけることができるでしょう。

no.3

引っ越し業者に依頼をする

見積もりをしてこの引っ越し業者に依頼をすると決まったら依頼の電話をしましょう。電話だけでなくインターネットからも依頼の手続きをすることができます。4月などの新生活が始まるときは2月や3月の引っ越しが増えるため、希望日に引っ越し依頼ができない可能性もあります。

no.4

新居へ移動するための荷造り

業者に連絡をしてからすぐに引っ越しのための荷造りを開始しましょう。また引っ越し業者からいくつかダンボールをもらうことができるので、それに梱包することも可能です。ダンボールが足りない時は自分で用意をするようにしましょう。

no.5

役所で必要な手続きをする

国民健康保険や運転免許証など、住所変更が必要にあるものはたくさんあります。そのため引っ越しの住所先が分かったらすぐに役所や免許センターなどで手続きをするようにしましょう。また中にはインターネットから手続きを完了できるものもあります。

引っ越しで業者を利用した人達の声

とてもチームワークが良い

引っ越しにかかる費用がとても安かったので作業のときに大丈夫かなと心配していました。でも当日は引越し業者の人達のチークワークが良く、テキパキと作業をこなしてくれたので時間もそれほどかからなかったので満足です。

重い荷物でも運んでくれる

女性の私は筋力があまりないので重い荷物を簡単に運ぶことができません。そのため引っ越し業者に作業依頼をすることにしました。エレベーターがないのに三階まで運んでくれたのでとても心強いです。とても助かりました。

良心的な対応をしてくれて安心できました

初めての引っ越しだったのでかなり不安に感じていましたが、見積もりをするときや引っ越しの書類手続きで担当者の対応がとても優しかったです。これなら安心できるなと思って依頼しました。作業もキチンと行なってくれたのでとても満足しています。

壁にぶつかって穴があいてしまった

多分引越し作業にまだ慣れていない作業員なのでしょうか?荷物を運ぶときに通る壁に荷物をぶつけて壁に穴が空いてしまいました。そのときはかなり怒ってしまったのですが、必死に謝ってくれて保障もしてくれるとのことだったので良かったです。

部屋のレイアウトも考えてくれた

引っ越し作業で荷物の運搬をしてもらうときにその都度「この家具はどこへ運べばいいですか?」としっかり確認をしてくれました。ある程度レイアウトが決まっていたので、荷物を部屋に入れてもらうときに聞いてもらって嬉しかったです。そのおかげでちゃんと指示をすることができました。

東京で人気の高い引越し業者を厳選特集♪
事前に必要な知識をcheck☆引越し費用が安い神戸の業者に相談♪
サービス・サポートも充実!